ブログ「日々整体」

まだ結婚できない男、桑野信介の考察

『まだ、結婚できない男』というドラマの放送が始まりました。
知っている人も多いでしょうけど、主人公は桑野伸介、52歳の独身男性です。役を演じるのは阿部寛、私が好きだと思える数少ない俳優の1人です。彼は桑野伸介という人物を演じるのにあたって非常に面白い演技をしています。それを私の視点からちょっと考察してみようと思います。

桑野伸介は歩くときに体を前に傾けてすり足で歩きます。
これはどんな体の状態かというと、腰椎5番の力が抜けて、胸椎2番に力が集まっています。このことが桑野の行動や発言にどういう影響を与えているか考えると非常にうまく演技しているのがわかります。

まず、腰椎をうまく使えていませんから、腰が据わった落ち着いた人間にはなりえません。
ドラマ中で、桑野は自分の仕事ぶりや発言を批判するサイトに必要以上に反応してしまいますが、これはその影響といえるでしょう。腰に力がないから、他愛のない事でも、聞き流したり、放置することができません。自身のプライドを守るためには、弁護士を雇うという、過剰とも思えるような方法で対処しようとします。

次に胸椎2番に力が集まっているという事についてです。
シンプルに肩に力が入りすぎている考えるとわかりやすいでしょう肩に力が入っている人間は無意識にその力を抜くという行動を積極的にとるようになります。桑野の場合、そのためだという事がわかりやすい行動が2つあります。

1つ目が、1人飯です。
ドラマの1話では、しゃぶしゃぶと流しソーメンを1人で堪能しているシーンがありました。どちらもニヤつきながらおいしそうに食べていましたからドラマを見た人は印象に残っているのではないでしょうか。

体の緊張を抜くためにもっとも手っ取り早い方法は食べるという事です。
体にとっては「食べる=緩む」だからです。私がお腹を空かせて食べる事を強調するのは、緩ませるために食べるという事をずっと続けていると体を痛めてしまうからですね。

「この体だと、辛い、しんどいという感覚が空腹感に化ける事があるよ。」

なんていう私の発言を聞いた事がある人は多い事でしょう。

人間は、疲れがたまったり、不調を感じたときに食べることでそれを和らげようとします。
たいていの場合、この時は腹が減っているわけではありませんから食べ過ぎになります。毎日チョコレートなんかを食べている人は、こういう食べ方になっていると思うといいでしょうね。

桑野伸介の場合も豪華な食事を食べているのは肩に力が集まりすぎた時でしょう。
食べる過程で肩の力が抜け、それに連れて顔がニヤけます。阿部寛の演技でどこを見るかと問われれば、間違いなく食事シーンでしょうね。

桑野伸介のもう1つの肩の力の抜き方は、合理的でない思考や行動をする女性をあざ笑う事です。
1話では吉山まどかという女性弁護士に意地悪に笑いながら何回も嫌味をいっていました。そのたびに、この女性弁護士からたしなめられていました。しかし、桑野伸介が、自分らしく、自分に対して誠実であろうとしている行動と発言であると考えれば、頭ごなしに否定するようなものでもなかったりします。

なぜかというと、肩の力を抜くことが目的だからです。
食べる以外で、体の緊張を抜くために非常に効果的なのは笑うという事です。お笑いが人気になるのは、体の力が抜けていない人がたくさんいるからですね。でも、だからといって漫才やコントを見て笑うというのが万人にとってよい方法かというとそんな事はありません。

笑いには様々な形があります。
ピエロのようなおどけた笑い、何かを成し遂げた喜びの笑み、赤ちゃんなんて見ているだけで笑顔になったりします。私なんかだと、毒をたっぷり効かせたブラックジョークが一番面白いと感じますね。ところが、そんな私がジョークを言うと本気で怒り出す人が結構いたりします。笑いなら、どれでもいいというわけではなく、何を面白いとかいうセンスは人によって違うわけです。

桑野伸介の場合、女性に対する怒りというのが根底にあると思えます。
おそらく若い頃に自分の信念だったりこだわりを理解できない女性に馬鹿にされるなんていう経験があるんじゃないでしょうかね。まぁ、桑野の怒りに関してはドラマ中でそういう表現はなかったと思うので、私が見ていてそう思うという事ですけどね。そういう怒りが根底にある人が、肩の力を抜こうとすると、

「女性をあざ笑う。」

という行動がもっとも効果的になるのでしょう。
もちろん、本人はこういう事を自覚してやっているわけではありません。でも、もっとも効率的に自分の体から余計な力が抜ける行動を人は無意識にやるのです。

確かに、桑野伸介のやり方は褒められたものではないかもしれません。
しかし、こういった行動はなんでやるのかというと彼の場合、肩の力を抜いて元気になるためです。だから、意地悪だけどちょっと魅力的な笑みになるわけで、それをうまく表現している阿部寛の演技というのが非常にいいと私なんかは思うわけですけどね。

話がそれました。

桑野伸介は、1人でうまいものを食って、女性を笑うことで健康な生活を送っているわけです。その結果、選んだ生き方が、結婚しないで1人で生活するという事なのでしょう。


「立派な人間になろうとしてたらうまくいかない。」


と、私に言われた事のある人は、桑野伸介を手本だと考えるといいでしょう。
元気になりたい、健康になりたいと思うのであれば、好きなことやって、好きなものを食べて、怒りたい時に怒って、笑いたいものを笑えばいいわけです。

今の日本の社会って、


「立派な人間になることで問題を解決しなさい。」


とアドバイスされたり、説教されたりすることばかりじゃないでしょうか?
桑野伸介のような存在は全否定です。人間って、彼のように1人でおいしい物を食って、腹の立つ物をあざ笑っていれば結構元気に生きられるはずなんですけどね。

そういえば、ドラマ中には、

「桑野伸介の事を理解できるようになりたくない。」

という若い女性がでてきています。
実はこの女性、かなりの端役ですがこのドラマでは桑野伸介の対極にいる存在で、もっとも重要な登場人物といえるでしょう。なぜなら、登場する役のなかで、もっとも『ねばならない』が強い女性だからです。彼女の存在が桑野伸介という存在を引き立たせているし、他の主要な女性の登場人物は彼女のとの比較で立ち位置が明確になります。

彼女は、体の力を抜くことができない人間です。
なぜなら、1人でご飯を食べられないし、他人を笑う事もできないからです。桑野伸介を見るときには眉間にしわがよって、肩の力がはいっていますが、これは体に余計な力がはいる行動です。そして、体の力を抜く方法はいろいろありますが『ねばならない』が強い人にはたいていやってはいけない行動です。

これを書いている時期だと、神戸の学校で教職員が職場でいじめをやっているニュースが話題になっていますが、こういう事件を起こすのはこういう具合に体の力を抜くことを自分に許さない人ですね。抜けなくなってしまった力を解放するには、嫌がる人間に檄辛カレーを食わせるぐらいの事をしなければいけなくなってしまうわけです。ちょっと前だと、高速道路であおり運転をしてなぐるなんてのがありましたけど、この事件も構造は同じでしょう。倫理観や正論で人の行動を制限しようとすればするほどこういう人間は増えてしまうはずです。

だから、もしドラマを見て桑野伸介に共感できず、嫌悪感しか感じないという人は、自分の生き方とか考え方を見直してみることです。先にあげた2つ事件ほど発展させてしまう人はそう多くはないでしょうけど、五十歩百歩の事をやってしまっても不思議ではありません。

蛇足で付け加えておくと、桑野伸介は女性をあざ笑うことに罪悪感を感じていません。
それと同じように、体に無用な力が集まりすぎると、カレー食わせたり、あおり運転をすることに罪悪感を感じなくなってしまいます。教職の現場が「ねばならない。」でいかにがんじがらめになっているかを非常にわかりやすく示している事件だと、私なんかは思いますけどね。


話を戻します。


桑野のように人間関係に波風をたてるやり方は普通の人にはなかなか辛いものがあります。
ですから、普段はあまり見かけませんが、政治方面なんかをのぞいてみるといいでしょう。普段、温厚そうな人なのに、

「日本死ね!安倍総理がすべて悪い。」

なんて具合に、政治批判をして、政治家をあざ笑うことで元気になっている人たちが山のようにいます。政治だったら、他人と衝突することはあまりありません。桑野を手本に嫌味を言ってみる練習をするには、政治批判はいい方法かもしれません。


話が変わります。


桑野伸介の対極にいる女性はサイトによると横田詩織というようです。
彼女のような人間は、病気というものを必要以上におそれる傾向があります。潔癖症とまではいかないかもしれませんが、自分がこうでなくてはいけないと考える範囲からはずれた存在を否定するからです。そして、それ故に体の不要な力を抜くという行動を自ら禁止してしまいます桑野伸介に対する嫌悪感は彼女のそんな面を如実に表現しています。そして、その同じ感情が病気というものに対して同様に向けられる事でしょう。病気を恐れすぎるがゆえにかえって病気を呼び込んでしまうような人生になってしまうでしょうね。丈夫な体で元気に生きたいと思うのであれば、清濁を併せ持つという感覚が必要です。わからなければ、

「家の中を無菌にして生活していたらどうなるか?」

という事を考えてみることです。


一方、桑野伸介は歳をとったら間違いなく腰が痛いといいだすでしょうね
それで、腰の痛みを紛らわせるために嫌味と皮肉の量が倍増するはずです。だから、もし、彼に魅力を感じる女性がいたとしても結婚するのは辞めておくことです。あまり穏やかではない老後が待っていることは間違いありません。

それでも、どうしてもと思うのであれば、彼がしょーもないことをいったらひっぱたいて張り倒すぐらいの腕力と気概をもつことですね。そうでなくては彼とはうまくやっていけないでしょう。桑野伸介は張り倒したぐらいでへこたれるような人間じゃありませんし、もしへこたれるような時がきたらいよいよお迎えがやってくるということです。そうなったらちょっと優しくしてあげるといいでしょうね。ただ、そういう彼の変化を感じて気づかいができる人でなければ、先に死なれた時にちょっと悔やんでしまうことになるでしょう。やはり桑野伸介は面倒くさい男だという事は間違いないと思えます

まぁ、桑野伸介は体の力を抜く方法をしっていますから、1人で老後を迎えたら、頑固だけどちょっといい感じのクソじじいになるでしょう。ですから、ちょっと距離をとってあげたら、誠実で信頼できる人物だと思えますし、よい友人関係を築くのはそれほど難しい人ではないと思いますけどね。


ドラマの今後についてもちょっとだけ触れておきましょうか。

桑野伸介という存在がぶれることはないと思われます。
ぶれてしまったら、つまらない見る価値のないドラマにカテゴライズするしかなくなるでしょう。そう考えればこのドラマの本当の見所は、桑野伸介に接する3人?の女性たちです。立派な人間になろうとしている女性たちが、桑野という自由な存在にどういう影響を受けて、どうかわっていくか?そういうところに注目してみるのがこのドラマの上手な見方じゃないでしょうかね。



なお、この記事は「まだ結婚できない男」を1話だけ見た状態で書いているものなんで、解釈を間違えていてもそれはまたそれということで、あざ笑っておいてもらえると助かります。
関連カテゴリー< ブログ
<戻る | トップ | 次へ>
品川での整体指導予約受付中

RSS

月別

自律神経整体院

京都府長岡京市天神1丁目1-56
ながおかスタジオビル2F
(阪急長岡天神駅から徒歩1分)


075-954-0036