ブログ「日々整体」

骨は協力して働いているという話

「これでもうめまいの人はだいたい大丈夫かもしれない。」


そんな風に思えたのですが、そんな事を考えてしまった瞬間にうまくいかない人が現れ始めます。

東京の方で私の思惑通りに様子が変化してこない人が二人ほどおられます。
時間をかければちゃんと変わってくるだろうとは思うのですが、遠方へ出向いてやっていることで早く成果だしたいという気持ちが湧いてきます。これは整体を受ける側だけでなく、する側の私の方にもでてくる感情で、京都でやっていると忘れている感覚といっていいかもしれません。落ち着いて考えてみると成果があがるのを急ぎすぎているせいなのですけどね。

ただ、そういうもどかしさを感じるというのは大切な事といえるようです。
なんか工夫の余地があるのではないかと思考が回転しはじめるわけです。そこであることに気がついたのは数日前で実際に工夫しはじめました。

なにをしたかというと、めまいというのは頚椎6番に関わる神経の働きを整えればいいわけなんですが頚椎6番の調整をやっているだけでは時間がかかってしまう人がいるのです。過去をふりかえってみれば1年ぐらいかかる人もいました。自分自身の技量を考えるとその頃からは大きく進歩していますからいまでも1年かかるということはまずありえないと思って品川へいきはじめたわけですけどね。

これまでの経験から考えて時間さえかけりゃなんとかなることはなるのですが、それじゃちょっと面白くないわけです。で、頚椎6番の働きに関わる骨はどれかなぁと考えていくとある気づきがあったわけですね。まぁ、詳細は成果があがったらまた紹介させてもらいましょう。ただ、こういう考え方ができるとめまい以外の他の問題にも応用が効いてくるようでちょっと面白いことになってきそうな感触を得ています。


骨というのは単独で機能しているわけではありません。
例えば、心臓の働きに関わりがあるのは、胸椎4、8番、腰椎3番というように複数の骨が心臓の働きに影響をしていますし、腎臓の動きも絡んできますから胸椎10番も影響してくるといえます。ですから、腰が悪いと心臓の動きが悪くなるということがありますし、腰が痛いのは心臓の動きが悪いからなんていうこともあったりします。さらに、胸椎8番なんていうのは胃の働きにも関係しているから、心臓の動きが悪くなると胃の動きも悪くなったりすることもあります。暑さにやられて食欲が落ちるなんていうのは、暑さのせいで心臓の動きが弱るからといえますね。


別に目新しい知識というわけではなく、初歩的なことではあります。
だから、改めてこんな話をするのはちょっと恥ずかしいことなんですけどね。ある程度は理解しているつもりではあったのですが、想像以上に深く関わっている骨があるとか、いままで関係ないと思っていた骨が実は深い関係にあったとかわかってない事がいろいろ見えてきてしまったわけですから。ただ、そういうことをもう一度洗い直してみると、めまいなんかの症状をもっと早く対応できるかもしれないなぁというわけです。

まぁ、そんなわけで私にはまだまだわかっていないことの方が多いということを東京にいくことで改めて自覚させられてしまったわけです。
まぁ、なにかがわかったような気がした瞬間に、新しい課題が見えてくるのは今にはじまったことではありませんけどね。どう考えても私が死ぬ頃までずっと取り組んでもゴールに到着するなんてことはないと思えますから、ずっとこんな感じでノロノロとやっていくしかないのでしょう。


関連カテゴリー< めまい
<戻る | トップ | 次へ>
品川での整体指導予約受付中

RSS

月別

自律神経整体院

京都府長岡京市天神1丁目1-56
ながおかスタジオビル2F
(阪急長岡天神駅から徒歩1分)


075-954-0036