ブログ「日々整体」

汗かいてデトックスは嘘というのは嘘だろうという話

この話、すでに何回か書いたことがあるような気がしています。
ただ、探してみても見当たらないし、今朝またテレビで見かけたので1回ちゃんとまとめておこうと思います。

最近になって、


「汗に有害物質が含まれているか?」


という事について調査した結果が発表されたようです。
私もネット上のニュースでみかけたので、ふーんというぐらいに捉えていたのですが、こういう情報って捉え方が悪いと間違いを起こしがちというか私なんかからすると突っ込みどころが多いのです。


まず、汗を調査したということですがどこの肌からでてきた汗を調査したんですかね?
こういう肝心なところがどこにも書いていません。もし、手の平とか足の裏の汗とかいう話だったらもう問題外な話です。心理的な緊張を和らげるための汗と、体温調整を行うための汗は全然意味が違うからです。あと、汗を表現するのにいい汗という言葉があるのですが、いい汗がなにかということについてもおそらく何も触れられていません。


私の言葉でいい汗を説明すれば、「代謝をともなう汗」となります。
代謝の状態は、頚椎をみるとわかりやすいのですが、頚椎に問題があるといい汗がかけません。ついでに、いい汗があるということは悪い汗もあります。悪い汗をかいた時には、腎臓の働きが鈍くなります。これはどういう事かをわかりやすく表現すると、


「運動して汗をかいた時に元気がでてくる人と、体が重くなる人がいる。」


ということです。

悪い汗についてなら、サウナなんかがわかりやすいですかね。
サウナにはいると息が苦しくなって、体が重くなるという人がいるのですが、そういう人はいい汗をかけない状態であるということがいえます。

もうひとつ付け加えておくと、多汗症なんていう人は、いい汗をまったくかけない状態の人です。逆にまったく汗をかかないなんていう人もいるのですが、実は体に起こっているのは多汗症の人とほぼ同じで代謝が起こらなくなっていますので、たいてい腎臓の動きが悪くなっていますね。

で、問題は調査したときはどっちの人の汗をつかったのかいう点です。
現代人で、いい汗をかける人はかなり少数派なので任意に人を選んだというのであれば、もう調査結果に意味がなくなっているといえます。

さらに付け加えておくと、いい汗と悪い汗の違いは手でふれてみるとわかります。
手の感度のいい人であれば、素人の人でもわかるんじゃないですかね。いい汗というのは、ベタベタしているのに対して、悪い汗はさらっとしています。詳しく調べられたと聞いたので、このベタベタとサラサラの違いがもしかしたらわかるかもしれんと期待したのですが、ニュースではそういうものについてのまったく触れられていませんでした。
ついでにいうと、いい汗をかけなくなっている人は体臭でわかるので触らなくても、目隠しして近づくだけでわかることも多いのですけどね。

まぁ、体の状態によってかく汗の性質はまったくことなるわけです。こういう点をすっ飛ばして、デトックスが嘘だとかなんとかいうのは、ちょっと具合が悪いわけです。


あと、デトックスという言葉の意味に囚われすぎてデトックスということが起こった時に体に何が起こっているかということをまったく考慮されていないようです。


「汗をかくことで、汗といっしょに老廃物や汚染物質がいっしょに体外にでる。」


なんていうことを誰がいい出したのか知りませんが、これがそもそもおかしい可能性があると私は考えています。

いい汗をかいたとき、体に何が起こっているかというと、内臓の動きが元気になっているわけですよ。
肺、心臓、腎臓、肝臓すべて活力がでてくるので、体に力がでくるのです。こういう体の変化にデトックスなんて名前をつけちゃうからおかしな調査が行われて妙な結論で嘘つき呼ばわりされてしまうんじゃないですかね。ついでに、運動したってくたびれるだけ、サウナにはいって汗かいても体が辛いという人もいるわけで、そういう人が汗を書いた時には体に何が起こっているかも合わせて考えてくれればいいんですけどね。


まぁ、この調査結果をふまえて推測するなら、


「いい汗、つまり代謝を伴う汗をかいたときには、内臓の働きが活発になるので、老廃物や汚染物質を体の外に排出するという動きがでてくるのでしょう。ただ、それは汗からではなく大半は尿や便からであろうと思われます。ただ、このような排泄を促すような働きが強くなった時には、普段より粘り気の強い汗がでるのでしょう。」


その粘り気はなんのか、私にはよくわかりません。
デトックスという言葉を考えた人もきっとそうだったんでしょう。老廃物が含まれた汗がでているから粘るのだろうと考えたのでしょうね。その考えがちょっと誤りだったということが今回の研究でわかっただけですかね。

嘘だ、ホントだと騒ぐような話じゃないと私は思いますね。
ちなみに、これににた概念に宿便なんていうのもありますね。顕微鏡でみたけど見つからないからないとかいう安易な考えをしていると、体を壊してしまうから振り回されないようにすることですね。
関連カテゴリー< ブログ
<戻る | トップ | 次へ>
品川での整体指導予約受付中

RSS

月別

自律神経整体院

京都府長岡京市天神1丁目1-56
ながおかスタジオビル2F
(阪急長岡天神駅から徒歩1分)


075-954-0036