ブログ「日々整体」

めまいに原因についてもろもろと

めまいの判断というのは非常に曖昧です。
本人が平衡感覚をどう感じているかということを客観的に判断する方法がないようです。異常なしと言われてどうしようもなくなってしまっている人も相談にきたりします。一応、眼球の動きなんかをチェックしてめまいが起こっているかどうかを判断したりすることもあるようですけどね。めまいが確認できたからといって、どうすればよくなるかというとなんにもなかったりするわけです。相談に来られている人たちの様子をみていると適切にチェックされているかどうかも妖しいという印象です。


私がめまいときいてチェックするのは胸椎10番です。
胸椎10番は腎臓の働きに関わりが深い骨です。ですから、平衡感覚は腎臓の働きに影響を受けていると考えてよいのです。そう考えれば、薬を飲みながら様子をみましょうなんていうやり方はとんでもない検討違いなやり方だと思いますね。なぜなら、薬を飲んでいると腎臓の働きは必ず落ちてくるからです。もちろん、腎不全に陥るほど悪くなることはほとんどないとだろうと思いますけどね。


余談ですが、腎臓の働きが落ちてくると影響を強く受けるのは心臓です。
少し前に著名な漫画家が心不全で亡くなられていました。ニュースでは、持病があってそれとは関係なく心不全でなくなったなんて報道されていました。私のようにひねくれた人間がこの話を聞いてどう考えるかはすぐに想像ができるのではないでしょうか。人間の体を部品単位で考えているとろくなことにならないというのを改めて強く感じましたね。


あと、ややこしいのが立ちくらみが起こっているのを本人がめまいだと言い張っているケースがあったりします。

立ちくらみというのは、頭にうまく血が登らないときに起こります。
この場合は、胸椎9番に異常があると考えていいでしょう。胸椎9番に異常があると血がうまくめぐらなくなるのです。過労で倒れるとか、突然倒れるなんていうのはたいていは胸椎9番に問題があると思っていいでしょう。この場合だと現状の検査だとまずひっかかってこないじゃないでしょうか。こちらの場合、肝機能に何らかの影響がでていると思っていいのですが、血液検査なんかで問題になるようなことはまずないでしょうしね。


体に起こっていることはまったく違うことなのに、その本人たちは『めまい』だと、同じ事をいっていたりするわけです。こんなのをいちいち真に受けて考えていたらどうにもなりませんから、体の状態をみて適切に判断しなくてはいけないわけです。


実は、私自身も学生の頃にめまいで1ヶ月ほどフラフラしていたことがあります。
いま振り返って考えてみると、風邪をひいたときに薬をつかって強引に症状をとめたせいだろうと思います。風邪を適切に経過すると腎機能はリフレッシュされて元気になるのですが、そのリフレッシュが起こらないまま風邪が終わってしまったのです。

このときはどうしたかというと、体を動かしている間はめまいが起こらないことに気がついたのでアルバイトに精を出して働いていたら1週間ほどでめまいがなくなりました。腎臓の働きというのは安静にしていても活発にならないというわけです。

私がよくやるアドバイスに、


「トキメキを感じる事をやりましょう。」



というのがありますが、どういうことかというとトキメキを感じていると腎臓の働きが高まってくるわけです。で、さっきの述べたように心臓は腎臓の影響を強く受けますから、高まった腎臓に合わせて心臓の働きも強くなって元気になるわけです。


さて、私はこういう具合にめまいについて考えていて、最近までこの考え方で全員うまくいっていたんですけどね。これではうまくいかない人がでてきました。で、これを書いているちょうど3時間ぐらい前にですが、違う経路でめまいを起こしているかもしれないということに気がつきました。

この事に気がつくのに2ヶ月もかかってしまいました。
思えば最初からなんか変だなぁと思っていたんですが、その直感より経験からくる知識を優先してしまったためです。知識に溺れるとろくなことがないないなぁと、丁寧に体をみてその都度その都度考えて整体をするようにしなくてはいけないなぁと反省しています。この経路についてはまだ、大きな声でいえるようなものではないので、ちゃんと結果がでたらまた書いてみようと思います。
関連カテゴリー< めまい
<戻る | トップ | 次へ>

RSS
自律神経整体院

京都府長岡京市天神1丁目1-56
ながおかスタジオビル2F
(阪急長岡天神駅から徒歩1分)

0120-556-435
075-954-0036