ブログ「日々整体」

自律神経の基本的な話

「10代の子供が杖をつかないと歩けないようになった。自律神経が原因ですか?」


と、電話で質問がありました。
体についての根本的な理解がないのでこのような質問になってしまうのは仕方のない事なのもしれません。しかし、この理解のままでは体はおそらくよくなるという事はないでしょう。

体というのは部品の寄せ集めではありません。
病院で亡くなった人をあつめて、問題のない部分を集めたとします。Aさんからは手足、Bさんからは胃腸、Cさんからは脳、Dさんからは目や鼻、Eさんからは自律神経といった具合に問題のない部分を切り貼りしてつなぎあわせても新しい人が生まれたりはしません。人は部品の寄せ集めではないのです。

「生きているという事はちょっと特別な存在だ。」

という事がいえます。
人間はロボットのような部品の寄せ集めで、自律神経はその部品の一つという認識をしていては絶対に駄目です。


さて、この方ですが、まっすぐに歩けなくなったということで脳に問題があるのではないかと検査したそうですが、異常は見つからなかったそうです。

電話でいくつかの情報を伺って、おそらくではありますが、私は何が原因かということについて推測することできました。しかし、この方の理解に問題がありました。


「この問題は自律神経からくるものですか?」


という質問を何回も繰り返すのです。


どうしてこれが問題なのかということについて説明しましょう。
起こっている事はおそらくこのようなことです。まず、ちょっとした怪我が原因で体の一部の運動がうまくできなくなったのです。その問題はすぐさま日常の生活に支障がでるようなものではありませんでした。人間の体はかなり頑丈にできていますので、かなり悪化しなければ痛みや不快感があってもそれなりに生活でてきてしまうのです。しかし、そんな生活を永く続けた結果、自律神経の働きに致命的な問題が起こってしまいました。

その問題は、


「体の異常を治癒したり解消したりすることができなくなる。」


というものです。
その結果、スムーズに体のバランスをとって動かす事ができずにまっすぐ歩けなくなったというわけです。
そして、


「おそらくある部位(※電話では明確に伝えました)に問題があると思われます。ただし、体をみての判断ではありませんので慎重に判断をしなくてはいけません。」


このような説明をしました。
しかし、


「それは自律神経の問題なのですか?」


と繰り返し質問してくるのです。
私は自律神経のことしか知らないと、判断されているのかもしれないなぁと思ったりもします。


電話でこのような話をいきなり理解しろというのも無理があるかもしれません。
ただ、先に述べたように、生きている人間の体を、車やテレビで修理するような感覚で考えているとたいていさらに悪化させてしまいます。

結局、私が伝えようとしたことはうまく理解されないまま電話を切られました。
普段ならこのような電話は放置してしまうのですが、10代でこのような状態、そしていま適切な対処ができなければ10年単位で、下手をすると一生を狂わせてしまうかもしれないと感じました。それはあまりに気の毒だと思いブログの記事として書いてみる事にしました。もともと、ホームページをみたと電話してこられたのでもしかしたらもう一度サイトの記事に目を通してくれるかもしれないと考えたからです。

私の推測が大きく間違っていなければ、若いということもあります、このような異常など3ヶ月程度で解消するのではないかと思います。
関連カテゴリー< 整体について自律神経失調症
<戻る | トップ | 次へ>
品川での整体指導予約受付中

RSS

月別

自律神経整体院

京都府長岡京市天神1丁目1-56
ながおかスタジオビル2F
(阪急長岡天神駅から徒歩1分)


075-954-0036