ブログ「日々整体」

負荷をかけて運動をしていると病気になる

「健康のために運動をしている。」

そんな人はたくさんいることでしょう。
でも、多くの場合、

「そのやり方ちょっと待て。」

というものだと私は思います。
スポーツジムで機械を使って体を鍛えているというのは典型でしょう。機械で筋肉を鍛えるという理屈は、

体に筋肉をつけるためには、筋肉に負荷をかけて疲労させます。
そうすると、筋肉は疲労を回復させる際にかかった負荷に耐えられるように以前より筋肉の量が増えて回復します。これを超回復といいます。

専門家に言わせると、ちょっと違うのかもしれませんが、だいたいこんなものでしょう。

しかし、こうやってつけた筋肉は日々の生活にとってはまったくメリットがありません。
だいたい、マシンで鍛えるときのような動きを日常的にやるか?というとまずありえません。非常に不自然な動きです。

仕事で重いものを持つというシチュエーションがあったとします。
そんな時、ジムで機械を使っていたように体をつかうでしょうか?そんな事は絶対にないはずです。なぜなら、仕事で重いものをもつときは、

「どう持ったら軽いか?」
「どう運んだら楽か?」

と考えて体を使っているはずです。
だから、もし、

「どうやればこのウェイトを軽く持ち上げられるだろうか?」

と考えて、トレーニングしているのでしたら問題はありません。でも、たいていの方は、筋肉に強い負荷がかかる事をイメージしてトレーニングしているはずです。

あと現実のスポーツで考えるなら、スポーツで一番力を発揮したいのは動き始めのはずです。ところが、機械でのトレーニングはゆっくり動き始めているのではないかと思います。だから、機械でついた筋肉だとスピードが落ちてしまってあまり役に立たないはずです。

飲み屋で腕相撲でもして若い女性にもてたいという時にはかなり効果的ではあるかと思いますけどね。健康のためやスポーツで高いパフォーマンスを出したいときには一工夫も二工夫も必要だと思います。

「ボディビルダーはみかけだおしである。」

という話は誰でもが聞いたことがあると思います。
なんでかというとボディビルダーは肋骨のまわりに筋肉をつけすぎて肺の動きが悪くなっていますから、運動するとすぐに息がきれてしまいます。聞いた話だとボディビルダーには喘息の人がおおいらしいですが、それはこういう事に原因があると思います。

負荷をかけて運動をしていると病気になってしまうとうわけです。
関連カテゴリー< ブログ

古武道を体験してきました

体というものを考える場合、運動ということなしで考えるのは意味がありません。
死んだ人の体をみてあれこれ考えたったなにもわかりません。仕事をして家事をしてそんな生活のなかでどのように体を使っているのか?と、考えることが、整体をする上でとても大切だからです。

でも、世間でおこなわれている運動というものはどうも違う。そういう思いもあったので、注目したのが武道、特に古武術というものでした。

印象的だったのは、私が吹き飛ばされたということでしょう。
肩にぽんっと手を当てられただけで吹き飛びました。私を見たことがある人ならわかるでしょうが、私はそっとやちょっとで吹き飛ぶような体格ではありません。そんな私が簡単に吹き飛びました。周りで見ていた人だけでなく、吹き飛ばした当人も私が見事に吹き飛んでいたので慌てていましたけどね。

整体をするときには、虚と実ということを考えます。
整体を受ける人は虚、整体をする私は実の状態でなければ体を整えることができません。この虚というのを捉えることができると私の半分ぐらいの体重のひとでも私を吹き飛ばすことができるわけです。

さて、この虚と実、呼吸で読み取るようにしています。
ですから、息を吐ききって吸う瞬間が虚だと思っていました。でも、この考え方はちょっと浅いということを感じました。虚とか実というのはどうもそういうことではないですね。

おそらく虚をついて指を突き立てることができると簡単に体に穴を開けることができると思います。漫画『北斗の拳』でやっていたようなことが現実にできてしまいますね。

まぁ、私の場合は破壊のために虚をみるわけではありませんので、そういうことを目指したりはしませんけどね。

ただ、人間の体、運動という事について私はまだまだ何も知らないということを体感してしまいました。はたして、この整体という技、術を残りの人生でどこまで高められるのか?と思うと、もう辞めようかという気すらしてきます。
関連カテゴリー< 整体について
<戻る 12
品川での整体指導予約受付中

RSS

月別

自律神経整体院

京都府長岡京市天神1丁目1-56
ながおかスタジオビル2F
(阪急長岡天神駅から徒歩1分)


075-954-0036