ブログ「日々整体」

子供は絶対に間違えない

「子供にしっかり食事をたべさせよう。」

たいていの人は、そういう具合に考えるのが親としての勤めだと思うことでしょう。
まぁ、なかにはひどい人がいて、

「食べさせてさえいればそれでOK。」

みたいな感じの人もいますけど、これは論外といっていいでしょう。

でも、きっちり食べさせることが大事か?
というとそうでもありません。なぜなら、子供の行動は本能とほぼ直結しているからです。
わかりやすく言うと、

「腹が減ったから食べる。」
「眠くなったら眠る。」

という具合に、体の状態がストレートに行動に反映されます。

ある程度成長してくると、

「今食べておかないとあとで困る。」
「バランスよく食べておかないと。」
「朝食は食べておかないと。」

といった具合に、本能と行動が一致しなくなってきます。
まぁ、わたしに言わせればこういう余計なことを考えて行動するから体を壊すんですけどね。

さて、子供がいつものように食事をとらない。
そんなとき、これぐらいはいつも食べているのだからとか、決まった時間に食事をとらないといけないと無理矢理食事をたべさせようとしてしまう人がいます。しかし、これは帰ってその子供の体を壊してしまう可能性が高いのです。

もしかしたら、間食してお腹が減ってないかもしれません。
もしかしたら、風邪をひいていて食欲が落ちているのかもしれません。
もしかしたら、冷蔵庫におやつがあるのに気がついていてその分の余裕を作っているのかもしれません。

まぁ、3つ目は別として、子供の場合は、本能、つまり体の状態と行動が直結しています。

だから食べないというときには必ず理由があります。
気になるのなら、

「どうしても食べないのか?」

と考えてあげてもよいですが、そんなことも本当は考える必要がありません。
腹が減ったら食べたいといいだすのですから

すくなくとも、

「今食べてもらわないと手間がかかるから。」

とかいう子供の都合を無視したことをやっていると子供は体を壊していきます。
こうすればよいというマニュアルをみるのもよいでしょう。しかし、ちゃんと子供の様子をみてどうしてあげるかきめて上げてほしいと思います。

これは食事だけでなくすべての事に言える大切なことです。

関連カテゴリー< ブログ
<戻る | トップ | 次へ>
品川での整体指導予約受付中

RSS

月別

自律神経整体院

京都府長岡京市天神1丁目1-56
ながおかスタジオビル2F
(阪急長岡天神駅から徒歩1分)


075-954-0036