ブログ「日々整体」

音楽と体について

プロの奏者の方の体をみさせてもらう機会があります。
今日もピアノを演奏する方をみたのですが、どうも体がよろしくないということで、

「手弾きになっているはず、これじゃいい音がでませんよ。」

なんていったら笑っておられました。
音楽の事、演奏の事についてまったく知らない私がこういうことをいうのですから笑うしかないのでしょう。

でも、いい音を出せるかどうか?
というのは体の都合だと私は思います。これはプロのピアニストの方の体をみたときにはっきりと確信しました。その方は、体はけっこう傷んでいるのですが、腕だけはとてもきれいな状態でした。

綺麗といっても見た目が美しいというのではありません。
理想的な腕の状態とでもいうのでしょうか。ケチのつけようがないとてもいい腕の状態なのです。でも、私はそれを健康的な腕だと感じることはなく、

「美しい手の状態だ。」

という具合に感じたのです。
言葉ではうまく言い表せないのですが、プロと一般の方との違いはこういうものではないかと私は思っています。

ピアノ以外でも、ホルン、バイオリン、声楽など、何人もの音楽を生業としている人の体をみてきましたが、この事は共通していえますね。

いい音を出そうと思えばいい体にしなきゃいけないのです。

関連カテゴリー< ブログ
<戻る | トップ | 次へ>
品川での整体指導予約受付中

RSS

月別

自律神経整体院

京都府長岡京市天神1丁目1-56
ながおかスタジオビル2F
(阪急長岡天神駅から徒歩1分)


075-954-0036