ブログ「日々整体」

いい加減な味覚のお話

多くの方がそうであるように、私はおしいものを食べるのが好きです
ただ、体と自律神経との関係を他の人よりちょっと勉強しているので、味覚というものについてもちょっと理解が違います。

たとえば、

「1ヶ月まえにいったあの店にまたいこう!」

と勢い勇んでいったみたのだけど、食べてみると1ヶ月前はとてもおいしく感じたのに、今日はあまりおいしくない。

「おいしい店だったのに味がかわってしまった。残念・・・」

ということは誰しもが経験したことがあるのではないでしょうか?

でも、たいていの場合、お店の味は変わっていません。
料理と味の専門家がそう味が変わったことに気がつかないなんていうことは普通ないからです。仕入れる材料によって味が変わってしまうことはあるでしょう。でも、そこをカバーするのが料理人の腕のみせどころです。おいしいお店でそれができないはずがありません。

では、どうして1ヶ月前におしかったものがおいしくなくなったのか?

それは、自分の味覚がかわったからです。

味覚というのは永遠不変のものではありません。ちょっとした条件がかわれば味覚はすぐに変化します。

例をふたつほどあげましょう。
まず飛行機に乗ると味覚が変化します。気圧が低くなって、空気が乾燥してしまうと、味覚がにぶくなります。ついでにいうと嗅覚もかわりますけどね。料理を美味しいと感じるための鼻と口がバカになってしまうのです。ですから、気の利いたところだと、そういう事を加味して味付けしていたりします。逆にいうと地上で食べるとおいしくなくなったりするはずです。

改めて説明しましたが

「寒い冬がくると鍋料理がおいしくなります。」
「夏の暑い日の夜には生ビールが美味しい。」

こんなことはすごく当たり前のことです。

もうひとつは体が変わると味覚が変わるということです。
味覚は体の状態で変化します。わかりやすいのは運動をしてたっぷり汗をかいた後でしょう。そんな状態の時にスポーツドリンクを飲むととても甘くて美味しく感じます。どうしてかというと、汗をかくと塩分が不足するからです。体は不足した栄養を美味しく感じるようにできています。だから、塩でも必要な栄養であれば甘く感じます。

人間は自分に必要な栄養を甘くて美味しいと感じます。
だから、1ヶ月前においしかったのは時期がよかったのかもしれないし、もしかしたらそのとき体に必要なものを食べたからかもしれません。

味覚というのはこういう具合にいい加減なものです。
関連カテゴリー< >
<戻る | トップ | 次へ>
品川での整体指導予約受付中

RSS

月別

自律神経整体院

京都府長岡京市天神1丁目1-56
ながおかスタジオビル2F
(阪急長岡天神駅から徒歩1分)


075-954-0036