ブログ「日々整体」

偏り疲労について

「疲れを感じる。」
「体が疲れた。」

などなど、疲れを感じる事は日々あると思いますが、疲労というものについてよくわかっていない人が多いが実際です。疲労というものはどういう物かご存じでしょうか?

まず、人は体全体が均一に疲れるということがありません。
体の一部に疲労が偏ります。最近だと、パソコンの画面の見過ぎで目が疲れたなんていうのは誰しもがきいたことがあるでしょう。

ところが、人間は目が疲れたという具合に感じることができません。
体の一部が疲れた場合でも前身が疲れたという具合に感じます。
でも、

「目がつかれたと感じるよ。」

そう言う人もいるでしょう。
これは、目がかすんだりといった具合に目の働きが低下しているからわかるだけです。ですから、偏り疲労といっても目の疲れは比較的に自覚しやすい疲労といえます。

ところが、これが体の部分に偏った疲労がたまっていたらどうかというと、まず、ご自身で気づいている人はいません。

「右手と右足としびれがでて、どうも体の右側ばかり悪くなるんです。」

そういう人はけっこうおられますが、しびれがでてくるまで気づかなくて放置しているだけのことです。

このように体も右側ばかりに、疲労が偏ってしまう場合、多くの方が、

・左手をよくつかうようにする
・左肩で鞄をもつようにする

とうような対処方法を指示されるようですが、あまり意味がありません。右側に疲労が偏る人は、左手をつかっても右側に疲労がたまるからです。

「おかしいじゃないか?」

そう思うかもしれませんが、これが本当です。
どうしてかというと、右側に疲労が偏る人は右側に重心が偏っているからです。

「じゃあ、重心を左に動かせばいいのか?」

そうおっしゃる方がいますが、これも無理です。

右側に重心が偏るのは生まれ持った体の特性だからです。つまり右側に重心をあつめることによって、体を動かしているのですから、左側に重心をもってくると体が動かなくなるのです。

左手を使っても体の右側がつかれる

というのはこういうことです。

ちょっと意味がわからないかもしれませんが、人間の体の部分でとらえている間はこの意味は理解できないかもしれません。
関連カテゴリー< ブログ
<戻る | トップ | 次へ>

RSS
自律神経整体院

京都府長岡京市天神1丁目1-56
ながおかスタジオビル2F
(阪急長岡天神駅から徒歩1分)

0120-556-435
075-954-0036