ブログ「日々整体」

内耳の異常?クローン病のお話

クローン病という体の不調があります。
わりと増えてきているそうで、耳鳴りやめまいが起こります。耳を検査すると、耳の中に水ぶくれのようなものができており、それが原因だと言われています。そこで、クローン病だという判断をされると、

「内耳の異常です。」

ということをいわれるそうです。
では、

「なぜ、内耳に異常ができたのか?」

ということにはあまり突っ込んで語られることがないようです。
そのため、クローン病というと、一度よくなっても何回もくりかえしてしまいなかなかよくならないものだと認識されているそうです。

内耳というのは、耳の中という意味ですが、耳の中にどうして異常ができたのか?

そこへ突っ込んで考えていかなければいけません。
整体という技術を通じて体をみると、クローン病の方は、右の骨盤が下がっている、腕や首に異常があるなど、はっきりと体の異常がみてとれます。

ところが、耳に異常があるということで、一生懸命に耳の治療をやってしまいます。本当の原因はほかにあるのにです。だから、繰り返してしまいます。

原因はというのは異常箇所をみつけるだけでは、不足します。どうしてその異常が起こったのか?そこまで考えなければいけない。そう考えています。



関連カテゴリー< めまい
<戻る | トップ | 次へ>

RSS
自律神経整体院

京都府長岡京市天神1丁目1-56
ながおかスタジオビル2F
(阪急長岡天神駅から徒歩1分)

0120-556-435
075-954-0036