ブログ「日々整体」

耳鳴り(耳なり)が3週間で止まりました

耳鳴り(耳なり)は一度なりはじめるととめるのに時間がかかる傾向があります。
ところが、先日、あっというまというか3週間で止まる人がいました。そこで、なにがよかったのか、振り返って考えてみると以下のような事がポイントではなかったかと思います。

1.飲酒を辞めた
体の状態をみたときにすぐにわかったのは毎晩飲酒をされているということでした。そこでお酒をやめるように指導をしました。すると素直にお酒をやめられました。

多くの方は、こうはいきません。
お酒の飲み過ぎで耳鳴りになることが理解できないからです。確かに、飲酒が直接耳に影響をあたえることはありません。しかし、飲酒は自律神経の働きを悪くしてしまいます。実際、日常的に飲酒をされている方は体をチェックするとすぐにわかります。

「1日1本だけです。」

とかいっている人はとくにその傾向が高いといえます。
そんな方には

「1日1本なら大丈夫とういのはいったい何を根拠にいっているのか?」

と質問しています。


2.早めに対応された
耳鳴り(耳なり)でいきなり命を落とすことはありません。
そのため、しばらく様子をみようという事になりがちです。そのためどんどん悪化させて、我慢できなくなったころには、かなり悪い状態になってしまっているのです。

この方の場合、自覚できる症状がちょっと重かったこともあり。早めに相談にこられました。体の問題は何事もそうですが、対処は早ければ早いほど回復は早くなります。


耳鳴り(耳なり)でお悩みの方はこの2点について振り返ってみてはいかがでしょうか?


耳鳴り(耳なり)は耳に感じる異常ですが、耳だけに問題があるわけではなく体に起こっている異常の警報のようなものです。

「火事の警報がうるさいので警報をとめてくれ。」

というのではちょっと困ります。
考えなければいけないのは火事を消化するということです。



関連カテゴリー< 耳鳴り(耳なり)
<戻る | トップ | 次へ>

RSS
自律神経整体院

京都府長岡京市天神1丁目1-56
ながおかスタジオビル2F
(阪急長岡天神駅から徒歩1分)

0120-556-435
075-954-0036