ブログ「日々整体」

整体が必要な時(四面楚歌)無料記事

整体の創始者である野口晴哉は、

「1年に一回、活元運動をしておけばよい。」

という記述を残しています。
活元運動というのは、整体を行うための運動でコツをつかみさえすれば誰にでも簡単にできるものです。だから、本来、すべての人は整体を受ける必要はありません。

そして、病気をするというのは活元運動を行うのと全く同じ意味です。
実は風邪を引くというのは自然に起こる活元運動なので年に一回ぐらい風邪をひいて熱をだしていれば、体はそれで元気を保っていられます。だから、適切なタイミングで病気になってそれを経過をさせる事ができていれば整体を受ける必要など全くありません。ところが、病気に罹ったら辛くてしんどい、だらか病気になってはいけないなんていう理屈なのか、誤った予防や治療がまかり通ってしまっているのが実際です。

病気に対して適切に対処する事を経過といいます。
なんらかの病気に罹った時には、それを経過させてあげなければいけません。例えば、風邪の経過であれば体がだるくなる、熱がでる、そして最後に下痢をし、その後1日体を休めて終わりという具合です。風邪を引いて熱をだすというのは、体をリフレッシュするための活元運動なのです。このように経過させることで、体に溜まった疲労を取りのぞく事ができるのですが、体がだるくなれば精力剤を飲んで、熱がでれば解熱剤を飲んで、下痢をしたら下痢止めをのんで、熱が下がったら治ったと考えてしまうのと、リフレッシュされないので深刻な事が起こります。

病気を上手に経過させてあげると体は病気をする前より丈夫に元気になります。
だから、本当は、風邪を引いたら風邪を引く前より元気になったときに風邪が治ったと考えなくてはいけません。ところが、経過しようとする体の働きを止めてしまって、病気を治したとしてしてしまっているので、体は元気と活力を失ってしまうのです。鬱や統合失調症などの人が増えているなんて言われていますが、大半は病気を強引に抑え込むことによって活力を失ってしまっているだけでしょう。非常に残念な事ですが、現在行われている医療行為は人から元気と活力を奪ってしまっています。

記事の続きは四面楚歌に掲載しています。
この記事は会員登録で無料で詠むことができます。

関連カテゴリー< 四面楚歌
<戻る | トップ | 次へ>
出張整体
品川での整体指導予約受付中
名古屋での整体指導予約受付中

RSS

月別

自律神経整体院

京都府長岡京市天神1丁目1-56
ながおかスタジオビル2F
(阪急長岡天神駅から徒歩1分)


075-954-0036