ブログ「日々整体」

病気によって体を安定した状態に戻せなくなった時が寿命

 羅病の因は前述の如く、抵抗作用の不全、即ち生理機能の弛緩、又は退行にある。而して羅病することによって、生理機能を刺激し、之に反応作用を生ぜしめてその亢進を図る。
 然らば之、生理的作用を恢復する自然的手段と云はねばならぬ。病は果たして不要なる存在であろうか。
 衣類も着てゐれば古くなる、埃を落とさねばならぬ、人体も古くなれば老廃物が留滞する、新しいうちでも胎毒と称する老廃物を蓄えてゐる。之を何とかせねば人体は健康状態を保てぬ。勿論、便、尿、汗等々の排泄作用は常に行われてゐるが、人にして歩むべきを歩まず、働くべきを働かず、食うべからざるに食ひ、智に飲み奔りて身を労せず・・・・・といふ風に不自然的生活を営めば、生理機能を鈍退せしめ、老廃物のみを製造するに至る。従つては排泄作用は全からず、老廃物のみ留滞する、茲に於いてか、排泄作用を旺盛ならしむる自然的手段が起こる、之が疾病である。

(現代語訳)
病気の原因は、前述のように、抵抗作用の機能不全であり、つまり生理作用の弛緩あるい衰退によるもだということです。その結果、病気にかかることによって生理機能を刺激して反応させてその働きを高めるのです。
 そうであるなら、病気とは生理作用を回復させるための自然の働きであると考えなくてはいけません。病気は不要なものではなく必要なものなのです。
 衣類は着ていれば古くなります。埃を落とさなくてはいけませんし、それと同じで人間の体も生活を営んでいれば老廃物が溜まってきます。もちろん、便、尿、汗などの排泄作用はいつも行われていますが、人しての倫理や道徳をわきまえず、働こうとしない、食べない方がよいのに食べ、知能だけを働かせて体を使おうとしない、そんな不自然な生活を送っていれば、生理機能は低下し、老廃物を作り出すだけの存在になってしまいます。すると排泄作用はうまく働かなくなって、老廃物が体の中に溜まってゆきます。そうなると、排泄作用を高めるための体の自然の働きが起こります。これが病気なのです。

(単語の意味)
亢進 高い度合いにすすむ事、過剰な状態になること

(注釈)
多くの人が病気に対して勘違いしています。
文献などを見ると、かなり昔からの勘違いのようで江戸時代の末期にはもうすでに誤った理解がひろまっていたようです。どういう勘違いかというと、

続きは、四面楚歌にて公開しています。
今回の記事は無料ですので会員登録のみで閲覧可能です。
関連カテゴリー< 野口晴哉研究
<戻る | トップ | 次へ>
出張整体
品川での整体指導予約受付中
名古屋での整体指導予約受付中

RSS

月別

自律神経整体院

京都府長岡京市天神1丁目1-56
ながおかスタジオビル2F
(阪急長岡天神駅から徒歩1分)


075-954-0036